Menu Close

1.4.7. SMTP 変数の設定 (任意)

OpenShift は 通知の送信 および 新規ユーザーの招待 に電子メールを使用します。これらの機能を使用する場合は、独自の SMTP サーバーを提供し、SMTP 設定マップで SMTP 変数を設定する必要があります。

SMTP 設定マップで SMTP 変数を設定するには、以下の手順を実施します。

手順

  1. OpenShift にログインしていない場合はログインします。

    oc login
    1. Oc patch コマンドを使用して、secret タイプを指定し、system-smtp はシークレットの名前で、続いて -p オプションを指定し、以下の変数に対して JSON に新しい値を指定します。

      変数説明

      address

      リモートメールサーバーをリレーとして指定できます。

      username

      メールサーバーのユーザー名を指定します。

      password

      メールサーバーのパスワードを指定します。

      domain

      HELO ドメインを指定します。

      port

      メールサーバーが新しい接続をリッスンするポートを指定します。

      authentication

      メールサーバーの認証タイプを指定します。指定できる値は plain (パスワードをクリアテキストで送信)、login (パスワードを Base64 エンコードで送信)、または cram_md5 (ハッシュ関数に Message Digest 5 アルゴリズムを使用し認証情報を交換)です。

      openssl.verify.mode

      TLS の使用時に OpenSSL が証明書をチェックする方法を指定します。使用できる値は none または peer です。

      oc patch secret system-smtp -p '{"stringData":{"address":"<your_address>"}}'
      oc patch secret system-smtp -p '{"stringData":{"username":"<your_username>"}}'
      oc patch secret system-smtp -p '{"stringData":{"password":"<your_password>"}}'
  2. シークレット変数を設定したら、system-app および system- sidekiq Pod を再デプロイします。

    oc rollout latest dc/system-app
    oc rollout latest dc/system-sidekiq
  3. ロールアウトのステータスを表示し、読み込みが完了したことを確認します。

    oc rollout status dc/system-app
    oc rollout status dc/system-sidekiq