Menu Close

1.2. ノードおよびエンタイトルメントの設定

3scale を OpenShift にデプロイする前に、環境が Red Hat コンテナーレジストリー からイメージを取得するのに必要なノードおよびエンタイトルメントを設定する必要があります。ノードとエンタイトルメントを設定するには、以下の手順を実施します。

手順

  1. 各ノードに Red Hat Enterprise Linux (RHEL) をインストールします
  2. インターフェース または コマンドライン で Red Hat Subscription Manager (RHSM) を使用し、Red Hat にノードを登録します。
  3. RHSM を使用して ノードを 3scale サブスクリプションに割り当てます
  4. 以下の要件に準拠して、ノードに OpenShift をインストールします

  5. OpenShift コマンドラインインターフェース をインストールします。
  6. Subscription Manager を使用して、rhel-7-server-3scale-amp-2-rpms リポジトリーへのアクセスを有効にします。

    sudo subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-3scale-amp-2-rpms
  7. 3scale テンプレート 3scale-amp-template をインストールします。このテンプレートは /opt/amp/templates に保存されます。

    sudo yum install 3scale-amp-template

1.2.1. Amazon Simple Storage Service の設定

重要

ローカルファイルシステムのストレージを使用して 3scale をデプロイする場合には、このセクションは省略してください。

Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)バケットをストレージとして使用する場合、3scale を OpenShift にデプロイする前にバケットを設定する必要があります。

3scale の Amazon S3 バケットを設定するには、以下の手順を実施します。

  1. 以下のパーミッションで Identity and Access Management(IAM)ポリシーを作成します。

    {
        "Version": "2012-10-17",
        "Statement": [
            {
                "Effect": "Allow",
                "Action": "s3:ListAllMyBuckets",
                "Resource": "arn:aws:s3:::*"
            },
            {
                "Effect": "Allow",
                "Action": "s3:*",
                "Resource": [
                    "arn:aws:s3:::targetBucketName",
                    "arn:aws:s3:::targetBucketName/*"
                ]
            }
        ]
    }
  2. 以下のルールで CORS 設定を作成します

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <CORSConfiguration xmlns="http://s3.amazonaws.com/doc/2006-03-01/">
    <CORSRule>
        <AllowedOrigin>https://*</AllowedOrigin>
        <AllowedMethod>GET</AllowedMethod>
    </CORSRule>
    </CORSConfiguration>