Menu Close

第9章 外部 MySQL データベースの設定

本章では、「7章3scale 高可用性テンプレートおよび評価用テンプレート」の MySQL データベースを外部化する方法について説明します。そのためには、デフォルトの amp.yml ファイルを使用します。これは、デフォルトの system-mysql Pod を使用するとネットワークやファイルシステムなど複数のインフラストラクチャーの問題が生じる場合に役立ちます。

本章のアプローチと「7章3scale 高可用性テンプレートおよび評価用テンプレート」のアプローチの違いは、本アプローチでは、Red Hat 3scale API Management が最初にデフォルトの amp.yml テンプレートを使用していた場合に、MySQL データベースを外部化することができる点です。

注記

Red Hat は外部 MySQL データベースを使用する 3scale の構成をサポートしています。ただし、データベース自体はサポートの範囲外です。

前提条件

  • 管理者権限を持つアカウントを使用して OpenShift Container Platform 3.11 クラスターにアクセスできること。
  • OpenShift クラスター上にインストールされた 3scale インスタンス。「1章OpenShift への 3scale のインストール」を参照してください。

High Availability (HA) 用に外部 MySQL データベースを設定するには、以下のセクションに概略を示す手順を実施します。

9.1. 外部 MySQL データベースに関する制約

MySQL データベースを外部化するプロセスの制約は以下のとおりです。

オンプレミス型 3scale のバージョン

オンプレミス型 3scale のバージョン 2.5 および 2.6 のみテストおよび検証済みです。

MySQL データベースユーザー

mysql2:// 形式の URL で、'root'@'%' を使用する必要があります。そうでないと、データベースへの接続に失敗します。3scale では 'root'@'%' が使用されるため、ユーザー名パスワード の組み合わせは、一切サポートされません。

MySQL ホスト

ホスト名 ではなく外部 MySQL データベースの IP アドレス を使用します。そうでない場合は、解決されません。たとえば、mysql.mydomain.com ではなく 1.1.1.1 を使用します。