Menu Close

2.5. 実稼働環境への移行

本セクションでは、API プロダクトを一般に公開する前の最終チェックリストについて説明します。

注記

カスタムドメインおよびメールアドレスのリードタイムは長いので、できるだけ早く要求します。

  1. カスタムドメインを準備する。詳細な情報は、ホスト型 3scale (SaaS) ドキュメントの「カスタムドメインの設定」を参照してください。
  2. オプションとして、発信用のカスタムメールアドレスを準備する。この手順の実施方法は、「メールドメインの設定」を参照してください。
  3. Audience > Developer Portal > Domains & Access からデベロッパーポータルのアクセスコードを削除する。

追加の検討事項を以下に示します。

  • 課金ルールを追加して、API プロダクトから直接収益を得る。この機能は、ホスト型 3scale (SaaS) アカウントでのみ利用可能です。
  • プロダクト解析 (管理ポータルの Analytics セクション) からの知見を活用して、アプリケーションプランを調整する。