Menu Close

2.4. アドバンストパスの手順

アドバンストパスの手順を、個別にエンドツーエンドで実施することができます。あるいは、必要に応じてこのパスの手順の一部を抜き出して実施することもできます。それぞれのパスは互いに独立していますが、プロトタイプベーシック、および アドバンスト パスは、順に積み上げて高度な設定を行うことが可能です。

2.4.1. API の保護

プロダクトを保護するには、以下のオプションがあります。

高度な認証モード: OpenID Connect (OIDC)

OpenID Connect とのインテグレーション を通じた APIcast と Red Hat Single Sign-On (RH-SSO) の組み合わせにより、プロダクトを保護します。3scale のアプリケーションは、アイデンティティープロバイダー (IdP) (この場合は RH-SSO) と同期されます。現在、これはエンドツーエンドでサポートされるソリューションです。以下に示すメインの OAuth 2.0 フローに対応します。

  • 認可コード
  • リソースオーナーパスワード
  • クライアントクレデンシャル
  • インプリシット付与

コードプラグインのデプロイメント

プロダクトのパフォーマンスを向上させたい場合には、何らかのキャッシングライブラリーを使用して 3scale への承認呼び出しをキャッシュすることができます。

2.4.2. アプリケーションプランによる API アクセスポリシーの設定

「API の保護」に記載のオプションを使用すると、認証された呼び出しだけがご自分のプロダクトにアクセスできるようになります。本セクションでは、ポリシーを適用して流量制御を変更します。

3scale では、アプリケーション によりプロダクトにアクセスするためのクレデンシャルが定義されます。アプリケーションには必ず 1 つ アプリケーションプラン が関連付けられ、アクセスポリシーが定義されます。アプリケーションは、開発者アカウント 内に保管されます。3scale の Basic プランでは、1 つのアプリケーションしか許可されません。より高度なプランでは、アカウントごとに複数のアプリケーションが許可されます。

アラートを設定して、通知を電子メールで送付したり Web コンソールに表示したりすることができます。

  1. API Settings のページに移動します ([Your_product_name] > Integration > Settings)。
  2. ページの ALERTS セクションに移動します。ここで、必要なアラートを流量制御値のパーセンテージで設定することができます。

3scale では、流量制御のレベルを柔軟に設定することができます。

  • ソフト流量制御: 上限を超えた呼び出しでも許容される
  • ハード流量制御: アプリケーションにアクセスする前に呼び出しが拒否される

コードプラグインでは、実装するタイプを決める必要があります。一方 APIcast の場合は、デフォルトではハード制御が定義されます。上限を超えた呼び出しが拒否されるのを防ぐために、Lua ファイルでこれらの制御をカスタマイズすることができます。

2.4.3. デベロッパーポータルを通じた開発者の参加

ベーシック パスの設定を完了している場合、以下の 2 つの項目についてデベロッパーポータルの高度な使用方法を検討することができます。

  • Liquid マークアップ のタグおよびドロップにより、システムオブジェクトに直接アクセスすることができ、デベロッパーポータルページのダイナミックレンダリングが可能になります。
  • 3scale のシステムページはすべてカスタマイズが可能です。ただし、HTML が複雑になるため、カスタマイズは熟達したユーザー向けです。極端に言えば、デベロッパーポータルのほとんどすべてのページをカスタマイズすることができます。しかしながら、一部の CSS を変更すれば、通常はデフォルトのページでまったく問題ありません。