Menu Close

1.2. 3scale ウィザードを使用した最初の API の設定

本セクションでは、プロダクトおよびバックエンドの初期操作を容易にする 3scale ウィザードについて説明します。

前提条件

  • 3scale アカウントが必要です。

手順

  1. ウィザードを実行します。3scale ウィザードは、2 とおりの方法で実行することができます。

    • 3scale アカウントへの初回ログイン時に。
    • 以下の URL アドレスの [Your_admin_domain] を置き換えてウィザードを実行して。

      https://[Your-admin-domain]-admin.3scale.net/p/admin/onboarding/wizard/intro

      たとえば、管理ドメインが testing-area であれば、ウィザードは以下の URL から利用することができます。

      https://testing-area-admin.3scale.net/p/admin/onboarding/wizard/intro

  2. OK, how does 3scale work? をクリックします。
  3. 紹介のアニメーションが表示されます。終了したら、Got it! Let's add my API をクリックします。
  4. バックエンドを作成します。

    1. バックエンドの名前を指定します。たとえば、Inventory と指定します。
    2. バックエンドのベース URL を指定します。たとえば、https://echo-api.3scale.net:443
    3. Add this Backend をクリックします。
  5. プロダクトを作成します。

    1. プロダクト名を指定します。たとえば、Petstore と指定します。
    2. Add this Product をクリックします。
  6. バックエンドをプロダクトに接続するためのパスを指定し、Add the Backend to the Product をクリックします。

    • デフォルト値のままにすることができます。デフォルトのパスは / です。
  7. GET リクエストによりテストを行うには、Send request をクリックします。

    • GET メソッドを指定することができます。
  8. 上記のステップを完了すると、API Gateway へのリクエストが成功したことを示す確認メッセージが表示されます。これ以降の設定についての詳細を確認するには、Cool, what's next? をクリックします。

推奨される追加設定を確認したら、3scale を使用する準備ができています。Got it! Take me to my API on 3scale をクリックすると、プロダクトの Overview ページが表示されます。