9.2. APIcast と Prometheus のインテグレーション

APIcast と Prometheus のインテグレーションは、以下のデプロイメントオプションで利用することができます。

  • Self-managed APIcast (ホスト型 API Management およびオンプレミス型 API Management 両方との組み合わせに対応)
  • Embedded APIcast (オンプレミス型 API Management)
注記

APIcast と Prometheus のインテグレーションは、ホスト型 API Management と Hosted APIcast の組み合わせでは利用することができません。

デフォルトでは、Prometheus は 表9.2「3scale APIcast 用 Prometheus のデフォルトメトリクス」に記載された APIcast メトリクスを監視することができます。

9.2.1. 追加オプション

オプションとして、OpenShift クラスターのクラスター管理者アクセス権限があれば、total_response_time_secondsupstream_response_time_seconds、および upstream_status メトリクスを拡張して service_id および service_system_name ラベルを含めることができます。これらのメトリクスを拡張するには、以下のコマンドを使用して APICAST_EXTENDED_METRICS OpenShift 環境変数を true に設定します。

oc set env dc/apicast APICAST_EXTENDED_METRICS=true

APIcast Batcher ポリシー (「3scale Batcher」に詳細を記載) を使用している場合、Prometheus は 表9.3「3scale APIcast Batch ポリシー用 Prometheus メトリクス」に記載されたメトリクスも監視することができます。

注記

メトリクスに値がない場合、Prometheus はメトリクスを非表示にします。たとえば、nginx_error_log に報告するエラーがない場合、Prometheus は nginx_error_log メトリクスを表示しません。nginx_error_log メトリクスは、値がある場合にのみ表示されます。

その他のリソース

Prometheus についての情報は、「PROMETHEUS: GETTING STARTED」を参照してください。