1.6.2. 手順

OpenTracing を設定するには、以下の環境変数を使用します。

  • OPENTRACING_TRACER: 使用するトレーサーの実装を定義します。現在、利用することができるのは Jaeger だけです。
  • OPENTRACING_CONFIG: 使用するトレーサーのデフォルト設定ファイルを指定します。ここ に例を示します。
  • OPENTRACING_HEADER_FORWARD: オプション。実際の OpenTracing 設定に応じて、この環境変数を設定することができます。

これらの変数に関する詳細は、「APIcast の環境変数」を参照してください。

インテグレーションが適切に機能しているかどうかをテストするには、トレースが Jaeger トレースインターフェースで報告されるかどうかを確認する必要があります。