3.5. デバッグ

ゲートウェイ設定のセットアップは簡単ですが、それでもエラーが発生する可能性があります。そのような状況のために、ゲートウェイはエラーを追跡するのに有用なデバッグ情報を返すことができます。

APIcast からデバッグ情報を取得するには、アクセスする API サービスに対応するサービストークンを指定して、ヘッダー X-3scale-debug: {SERVICE_TOKEN} を API リクエストに追加する必要があります。

ヘッダーが検出されサービストークンが有効であれば、ゲートウェイはレスポンスヘッダーに以下の情報を追加します。

X-3scale-matched-rules: /v1/word/{word}.json, /v1
X-3scale-credentials: app_key=APP_KEY&app_id=APP_ID
X-3scale-usage: usage%5Bversion_1%5D=1&usage%5Bword%5D=1

X-3scale-matched-rules には、リクエストにマッチしているマッピングルールのコンマ区切りリストが表示されます。

ヘッダー X-3scale-credentials は、3scale バックエンドに渡されたクレデンシャルを返します。

X-3scale-usage は、3scale バックエンドに報告された使用状況を示します。usage%5Bversion_1%5D=1&usage%5Bword%5D=1 は URL でエンコードされた usage[version_1]=1&usage[word]=1 で、API リクエストによってメソッド(メトリクス) のバージョン_1単語を 1 で増加していることが示されます。