16.2. 請求書ビュー

請求書リストで請求書の平易な ID をクリックすると、その請求書の詳細が表示されます。

16.2.1. 請求書の詳細

タイトルには、請求書の月および年、ならびに請求書が手動または自動請求プロセスで作成されたかが表示されます (例: Invoice for February 2018 (manually created))。

その下の Details ブロックには、請求書の平易な ID、請求書のステータス、請求書の確定/発行日、ならびに支払い期限および支払い日が表示されます。PDF ファイルがすでに生成されている場合には、PDF ファイルをダウンロードするためのリンクも表示されます。

Issued by および Issued to ブロックには、それぞれ API プロバイダーおよび開発者アカウントの名前および住所が表示されます。

その下は 費用項目 が含まれるブロックで、計算された VAT/消費税、合計費用、および「Text to show if VAT/Sales Tax is 0%」のテキスト (設定されている場合) が表示されます。

請求書の Transactions ブロックには、支払いのステータス、そのタイムスタンプ、参照番号、支払いゲートウェイからのメッセージ、および金額など、クレジットカードによる支払いの試みがすべてリストとして表示されます。参照番号を使用して、支払いゲートウェイの管理コンソールで支払いを探すことができます。

16.2.2. 請求書の編集

請求書が未確定または確定済みのステータスの場合には、請求書の詳細の一部を編集することができます。

請求書ビューの右上隅にある Edit のリンクをクリックすると、平易な ID および請求期間を変更することができます。

請求書の費用項目を追加および削除することもできます (合計、VAT/消費税、VAT/消費税込合計などの計算された費用項目を除く)。新たな費用項目を追加するには、Add をクリックして Name、Quantity (費用には影響を与えない)、Description、および Cost を入力します。

請求書ビュー最下部にあるリンクからは、請求書に対するアクションを実行することができます。請求書の現在のステータスに応じて、異なるアクションを実行することができます (例: PDF ファイルの生成、請求書の発行、請求書のキャンセル、PDF ファイルの再生成、課金、支払い済みの識別)。これらのアクション (PDF 関連を除く) により、請求書のステータスが変わります。