Menu Close

6.2. オンプレミス型 3scale インスタンス

オンプレミス型 3scale インスタンスの場合、API バックエンド環境を管理するために 3scale を設定する方法は複数あります。

  • API バックエンド環境ごとの個別の 3scale インスタンス
  • マルチテナンシー 機能を使用する単一の 3scale インスタンス

6.2.1. 環境ごとの 3scale インスタンスの分離

このアプローチでは、API バックエンド環境ごとに個別の 3scale インスタンスがデプロイされます。このアーキテクチャーの利点は、各環境が別の環境から分離されるため、共有データベースやその他のリソースがないことです。たとえば、1 つの環境で行われる負荷テストは、他の環境のリソースには影響しません。

注記

このインストールの分離には、上記のような利点がありますが、より多くの運用リソースとメンテナンスが必要になります。これらの追加リソースは OpenShift 管理層に必要ですが、必ずしも 3scale 層には必要ありません。