Menu Close

第1章 3scale の一般的な設定オプション

Red Hat 3scale API Management の管理者は、設定を調整するために、インストールまたはアカウントで詳細な設定オプションを利用できます。

1.1. 有効なログインセッションの長さの設定

Red Hat 3scale API Management の管理者は、管理ポータルとデベロッパーポータルの両方に有効なログインセッションの長さを設定して、最大タイムアウトと非アクティブにする制限を設定できます。

有効なログインセッションの長さを実装するには、USER_SESSION_TTL を seconds に設定する必要があります。たとえば、7200 秒は 2 時間です。値が null の場合、つまり設定されないか、または空の文字列に設定されていると、セッションの長さは 2 週間になります。

前提条件

  • 管理者権限が設定された 3scale アカウント

手順

  • 環境変数を希望する時間(秒単位)に更新します。

    $ oc set env dc/system-app --overwrite USER_SESSION_TTL=7200