Menu Close

第8章 3scale operator を使用した 3scale の設定とプロビジョニング

3scale の管理者は、3scale operator を使用して 3scale のサービスを設定し、3scale のリソースをプロビジョニングすることができます。OpenShift Container Platform (OCP) のユーザーインターフェースで operator を使用します。operator の使用は、管理ポータルで 3scale を設定およびプロビジョニングする手法や 3scale の内部 API を使用する手法の代替手段です。

3scale operator を使用してサービスを設定したり、リソースをプロビジョニングしたりする場合、そのサービスまたはリソースを更新する唯一の方法は、カスタムリソース (CR) を更新することです。新しいサービスおよびリソースが管理ポータルに表示されている間は、管理ポータルでサービスまたはリソースを更新したり、内部 3scale API を使用して更新したりすることはできません。これを試行した場合には、operator は更新を元に戻し、CR は以前の状態を維持します。

重要

3scale operator の機能は、テクノロジープレビューの機能としてのみ提供されます。テクノロジープレビューの機能は、Red Hat の実稼働環境のサービスレベルアグリーメント (SLA) の対象外であり、機能的に完全ではないことがあります。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、開発プロセスの中でお客様に機能性のテストとフィードバックをしていただくことを目的としています。Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲に関する詳細は、「テクノロジプレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。

本章では、operator アプリケーションの capabilities がどのように機能するか、また operator を使用してカスタムリソースをデプロイする方法について説明します。

また、3scale operator を使用する際の機能の制限についても説明します。

8.1. 一般的な前提条件

3scale operator を使用した 3scale の設定およびプロビジョニングには、以下の必須要素があります。