Menu Close

8.3. 最初の 3scale プロダクトおよびバックエンドのデプロイ

新しく作成したテナントで Openshift Container Platform を使用して、最初の 3scale プロダクトおよびバックエンドを最低限必要な設定でデプロイします。

前提条件

「一般的な前提条件」に記載の条件と同じインストール要件が適用されます。ただし、以下の考慮事項に注意してください。

  • 3scale アカウントは、稼働用の OpenShift namespace のローカルとするか、またはリモートインストールにすることができます。
  • このアカウントから必要なパラメーターは、3scale 管理 URL アドレスとアクセストークンです。

手順

  1. 3scale 管理ポータルからのクレデンシャルを使用して、3scale プロバイダーアカウントのシークレットを作成します。例: adminURL=https://3scale-admin.example.com および token=123456

    oc create secret generic threescale-provider-account --from-literal=adminURL=https://3scale-admin.example.com --from-literal=token=123456
  2. アップストリーム API URL を使用して 3scale バックエンドを設定します。

    1. 以下の内容を含む YAML ファイルを作成します。

      apiVersion: capabilities.3scale.net/v1beta1
      kind: Backend
      metadata:
        name: backend1
      spec:
        name: "Operated Backend 1"
        systemName: "backend1"
        privateBaseURL: "https://api.example.com"
      • ファイルを作成すると、operator はステップが成功したかどうかを確認します。
      • Backend カスタムリソースのフィールドおよび設定可能な値の詳細は、Backend CRD field Reference を参照してください。
    2. カスタムリソースを作成します。

      oc create -f backend1.yaml
  3. 3scale プロダクトを設定します。

    1. 前のステップで作成したバックエンドに適用したすべてのデフォルト設定でプロダクトを作成します。

      apiVersion: capabilities.3scale.net/v1beta1
      kind: Product
      metadata:
        name: product1
      spec:
        name: "OperatedProduct 1"
        systemName: "operatedproduct1"
        backendUsages:
          backend1:
            path: /
      • ファイルを作成すると、operator はステップが成功したかどうかを確認します。
      • Product カスタムリソースのフィールドおよび設定可能な値の詳細は、Product CRD field Reference を参照してください。
    2. カスタムリソースを作成します。

      oc create -f product1.yaml
  4. 作成したカスタムリソースが 3scale インスタンスに反映されるのに数秒かかります。リソースが同期されるタイミングを確認するには、以下のいずれかの方法を選択できます。

    • オブジェクトの ステータス フィールドを確認する。
    • oc wait コマンドを使用します。

      oc wait --for=condition=Synced --timeout=-1s backend/backend1
      oc wait --for=condition=Synced --timeout=-1s product/product1