Menu Close

7.2.2. ホスト型 3scale 環境の設定

ホスト型 3scale 環境の設定は、すべてのサンプル Jenkins CI/CD パイプラインで必要です。

注記

SaaS - API keyMulti-environment、および Semantic versioning のサンプルパイプライン は、ホスト型 3scale しか使用しません。Hybrid - open および Hybrid - OIDC のパイプラインは、オンプレミス型 3scale も使用します。「 オンプレミス型 3scale 環境の設定 」も参照してください。

前提条件

  • Linux ワークステーションが必要です。
  • ホスト型 3scale 環境が必要です。
  • OpenShift 3.11 クラスターが必要です。現在、OpenShift 4 はサポートされていません。

  • OpenShift のドキュメント で説明されているように、必ず OpenShift ルーターでワイルドカードルートを有効にします。

手順

  1. ホスト型 3scale 管理ポータルコンソールにログインします。
  2. Account Management API への書き込みアクセス権限を設定して、新しいアクセストークンを生成します。
  3. 後で使用できるように、生成されたアクセストークンを保存します。例を以下に示します。

    export SAAS_ACCESS_TOKEN=123...456
  4. 後で使用できるように、3scale テナントの名前を保存します。これは、管理ポータル URL の -admin.3scale.net の前にある文字列です。例を以下に示します。

    export SAAS_TENANT=my_username
  5. 管理ポータルで Audience > Accounts > Listing の順に移動します。
  6. Developer をクリックします。
  7. Developer Account ID を保存します。これは、/buyers/accounts/ に続く URL の最後の部分です。例を以下に示します。

    export SAAS_DEVELOPER_ACCOUNT_ID=123...456