Menu Close

7.2.9. 3scale toolbox を使用した API ライフサイクル自動化の制約

本リリースでは、以下の制約が適用されます。

OpenShift のサポート
サンプルパイプラインは OpenShift 3.11 でのみサポートされます。現在、OpenShift 4 はサポートされていません。サポート対象構成の情報については、「Red Hat 3scale API Management Supported Configurations」のアーティクルを参照してください。
アプリケーションの更新
  • アプリケーション用 3scale application apply toolbox コマンドを使用して、アプリケーションの作成と更新の両方を行うことができます。作成コマンドは、アカウント、プラン、サービス、およびアプリケーションキーをサポートします。
  • 更新コマンドは、アカウント、プラン、またはサービスに対する変更をサポートしません。変更が渡されると、パイプラインがトリガーされエラーは表示されませんが、これらのフィールドは更新されません。
サービスのコピー
3scale copy service toolbox コマンドを使用してカスタムポリシーが設定されたサービスをコピーする場合、先に個別にカスタムポリシーをコピーする必要があります。
API プロダクト
3scale toolbox は、すべての API プロダクト (APIaaP) 機能をサポートする訳ではありません。詳細は、3scale の『リリースノート』の「既知の問題」を参照してください。