Menu Close

6.2.2. 環境ごとの 3scale テナントの分離

このアプローチでは、単一の 3scale インスタンスが使用されますが、複数の API バックエンドをサポートするためにマルチテナンシー機能が使用されます。

2 つの選択肢があります。

  • 単一テナント内で、環境と 3scale プロダクト間で 1 対 1 のマッピングを作成します。
  • 必要に応じて、テナントごとに 1 つまたは複数のプロダクトを持つ環境とテナント間の 1 対 1 のマッピングを作成します。

    • API バックエンド環境 (dev-tenant、qa-tenant、prod-tenant) に対応するテナントが 3 つあります。このアプローチの利点は、環境を論理的に分離しながら共有物理リソースを使用することです。
注記

API 環境を複数のテナントを持つ単一のインストールにマッピングするために最適な戦略を分析する際には、最終的に共有物理リソースを考慮する必要があります。