Menu Close

10.2.4. 3scale の復元

APIManager によってデプロイされ APIManagerBackup カスタムリソースによりバックアップを行っている 3scale インストールを復元するには、以下の手順に従います。

  1. 復元を実行するプロジェクトには APIManager カスタムリソースとそれに対応する 3scale インストールが含まれないようにします。
  2. 以下の Kubernetes シークレットを復元します。

    • backend-redis
    • system-redis
    • system-database
  3. APIManagerRestore カスタムリソースを作成し、前の手順で APIManagerBackup カスタムリソースによってバックアップを行ったインストールのバックアップデータを指定します。

    詳細は、「 バックアップシナリオのスコープ 」を参照してください。

    APIManagerRestore カスタムリソースの例を以下に示します。

      apiVersion: apps.3scale.net/v1alpha1
      kind: APIManagerRestore
      metadata:
        name: example-apimanagerrestore-pvc
      spec:
       restoreSource:
         persistentVolumeClaim:
           claimSource:
             claimName: example-apimanagerbackup-pvc # Name of the PVC produced as the backup result of an `APIManagerBackup`
             readOnly: true
  4. APIManagerRestore が終了するまで待ちます。APIManagerRestore の内容を取得し .status.completed フィールドが true に設定されるまで待機して、これを確認します。

    新しい APIManager カスタムリソースが作成され、3scale インストールがデプロイされたことが確認できるはずです