Menu Close

5.10.2. メソッドの作成または更新

メソッドが存在しない場合に新しく作成する、または既存のメソッドを更新するには、以下の手順に従います。

  • 同じ名前のメソッドがすでに存在する場合、コマンドはエラーメッセージを返します。
  • --disabled フラグを使用して、無効な メソッドに更新します。
  • --enabled フラグを使用して、有効な メソッドに更新します。
注記
  • service 位置引数はサービスの参照で、サービスの id またはサービスの system_name のどちらかです。

    • toolbox は、どちらか一方を使用します。
  • method 位置引数はメソッド参照で、メソッドの id またはメソッドの system_name のどちらかです。

    • toolbox は、どちらか一方を使用します。

以下のコマンドにより、メソッドが更新されます。

3scale method apply [opts] <remote> <service> <method>

メソッドの更新時に、以下のオプションを使用します。

Options
       --description=<value>      Set a method description
       --disabled                 Disable this method in all
                                  application plans
       --enabled                  Enable this method in all
                                  application plans
    -n --name=<value>             Set the method name
    -o --output=<value>           Output format on stdout:
                                  one of json|yaml

Options for method
    -c --config-file=<value>      3scale toolbox configuration file:
                                  defaults to $HOME/.3scalerc.yaml
    -h --help                     Print help for this command
    -k --insecure                 Proceed and operate even for server
                                  connections otherwise considered insecure
    -v --version                  Print the version of this command
       --verbose                  Verbose mode