Menu Close

5.15.3. アプリケーションの作成または更新

アプリケーションが存在しない場合に新しく作成する、または既存のアプリケーションを更新するには、以下のコマンドを使用します。

3scale application apply [opts] <remote> <application>

アプリケーションパラメーターは以下のいずれかです。

  • user_key: API キー
  • App_id: app_id/app_key ペアから、または OAuth および OIDC 認証モードの Client ID
  • アプリケーションの内部 id
  • アプリケーションが見つからず作成する必要がある場合は、オプションの account 引数が必要です。次のいずれかです。

    • アカウント id
    • 3scale アカウントの管理ユーザーの usernameemail、または user_id
    • provider_key
  • 3scale ではアプリケーション名が一意ではないため、name は固有の識別子として使用できません。
  • --resume フラグで、一時停止されていたアプリケーションを再開します。
  • アプリケーションの一時停止: --suspend フラグで状態を一時停止中に変更します。

アプリケーションの更新時に、以下のオプションを使用します。

OPTIONS
       --account=<value>           Application's account. Required when
                                   creating
       --application-key=<value>   App Key(s) or Client Secret (for OAuth
                                   and OpenID Connect authentication
                                   modes) of the application to be
                                   created. Only used when application
                                   does not exist.
       --description=<value>       Application description
       --name=<value>              Application name
    -o --output=<value>            Output format on stdout:
                                   one of json|yaml
       --plan=<value>              Application's plan. Required when
                                   creating.
       --redirect-url=<value>      OpenID Connect redirect url
       --resume                    Resume a suspended application
       --service=<value>           Application's service. Required when
                                   creating.
       --suspend                   Suspends an application (changes the
                                   state to suspended)
       --user-key=<value>          User Key (API Key) of the application
                                   to be created.

OPTIONS FOR APPLICATION
    -c --config-file=<value>      3scale toolbox configuration file:
                                  defaults to $HOME/.3scalerc.yaml
    -h --help                     Show help for this command
    -k --insecure                 Proceed and operate even for server
                                  connections otherwise considered insecure
    -v --version                  Print the version of this command
       --verbose                  Verbose mode.