Menu Close

2.2.4. オンプレミス型 3scale デプロイメントの設定

3scale でスケーリングされる主要なデプロイメント設定項目は以下のとおりです。

  • 実稼働環境用 APIcast
  • バックエンドリスナー
  • バックエンドワーカー

2.2.4.1. OCP コマンドラインインターフェースを使用したスケーリング

OpenShift Container Platform (OCP) コマンドラインインターフェース (CLI) を使用して、デプロイメント設定をスケールアップまたはスケールダウンできます。

特定のデプロイメント設定をスケーリングするには、以下を使用します。

  • 以下のコマンドを使用して、実稼働環境用 APIcast のデプロイメント設定をスケールアップします。

    oc scale dc apicast-production --replicas=X
  • 以下のコマンドを使用して、バックエンドリスナーのデプロイメント設定をスケールアップします。

    oc scale dc backend-listener --replicas=Y
  • 以下のコマンドを使用して、バックエンドワーカーのデプロイメント設定をスケールアップします。

    oc scale dc  backend-worker --replicas=Z