Menu Close

2.3. ベーシックパスの手順

ベーシックパスの手順を、個別にエンドツーエンドで実施することができます。あるいは、必要に応じてこのパスの手順の一部を抜き出して実施することもできます。それぞれのパスは互いに独立していますが、プロトタイプベーシック、および アドバンスト パスは、順に積み上げて高度な設定を行うことが可能です。

2.3.1. API の保護

実稼働環境向けの完全な実装のためには、プロダクトの構成および 3scale とのインテグレーション方法に関して、基本方針を決定する必要があります。

プロダクトトラフィックの認証モードには、いくつかの選択肢があります。利用可能なオプションに関するガイド を確認し、設定を行ってください。

重要

認証の設定を行ったら、認証モードを切り替えないでください。この操作により、既存のクレデンシャルが無効になる可能性があるためです。

API トラフィックマネージャーレイヤーのデプロイメントオプション もいくつかあります。設定の容易さとパフォーマンスのバランスから、3scale ユーザーの間では APIcast (NGINX ベースの API ゲートウェイ) が好まれています。Hosted APIcast を使用すればすぐに運用を開始することができますが、ボリュームの制約やレイテンシー増加の問題が生じます。一方、APIcast を専用のサーバーにデプロイすれば、最高のパフォーマンスが得られ、トラフィックボリュームの制約から完全に解放されます。

Hosted APIcast

  1. 管理ポータルへの初回ログイン後に、導入ウィザードの手順に従います。
  2. 実稼働環境に適したバージョンが得られるまで、アクセスポリシーの調整などのプロダクト設定を繰り返します。
  3. APIcast 設定を実稼働環境用ゲートウェイにプロモートします。

Self-managed APIcast

  1. OpenShift サーバー上に、API ゲートウェイのテスト用システムを設定します。
  2. 実稼働環境に適したバージョンが得られるまで、API 設定を繰り返します (アクセスポリシーの調整など)。
  3. APIcast 設定を実稼働環境用ゲートウェイにプロモートします。
  4. Self-managed APIcast の詳細については、「APIcast のインストール」を参照してください。また、APIcast ポリシーには、 API のアクセスポリシーを設定する際の概念が記載されています。