Menu Close

2.4. アドバンストパスの手順

アドバンストパスの手順を、個別にエンドツーエンドで実施することができます。あるいは、必要に応じてこのパスの手順の一部を抜き出して実施することもできます。それぞれのパスは互いに独立していますが、プロトタイプベーシック、および アドバンスト パスは、順に積み上げて高度な設定を行うことが可能です。

2.4.1. API の保護

プロダクトを保護するには、以下のオプションがあります。

高度な認証モード: OpenID Connect (OIDC)

OpenID Connect とのインテグレーション を通じた APIcast と Red Hat Single Sign-On(RH-SSO)の組み合わせにより、プロダクトを保護します。3scale のアプリケーションは、アイデンティティープロバイダー (IdP) (この場合は RH-SSO) と同期されます。現在、これはエンドツーエンドでサポートされるソリューションです。以下に示すメインの OAuth 2.0 フローに対応します。

  • 認可コード
  • リソースオーナーパスワード
  • クライアントクレデンシャル
  • インプリシット付与

コードプラグインのデプロイメント

プロダクトのパフォーマンスを向上させたい場合には、何らかのキャッシングライブラリーを使用して 3scale への承認呼び出しをキャッシュすることができます。