Menu Close

第6章 デベロッパーポータル用の Red Hat Single Sign On

Red Hat Single Sign On (RH SSO) を使用すると、独立した複数のシステムのアクセス制御を管理できます。本章の手順に従うと、ご自分のシステムにログインするユーザーは、再度ログインを求められることなく、3scale デベロッパーポータルに自動的にログインすることができます。

ここでは、Web サイトの既存のユーザークレデンシャルを使って、どのように 3scale デベロッパーポータルに自動的にログインするかを説明します。

この機能は、API 消費者の ID (ユーザー名およびパスワード) をすでに所有している API プロバイダー向けのものです (たとえば、API プロバイダーがアイデンティティープロバイダーでもあるケース)。

6.1. 3scale プラットフォームでのユーザーの作成

まず、API 消費者は、デベロッパーポータルにアカウントがなければなりません。Account Management API を使用してユーザーを 3scale にインポートすることも、手動で作成することもできます。3scale ActiveDocs (管理ポータルの Documentation (右上隅の疑問符 (?) のアイコン) → 3scale API Docs セクションから利用可能) で Account Management API を検索します。