Menu Close

5.2. GitHub による認証の有効化および無効化

専用の GitHub アプリケーションを有効にするには、まずアプリケーションを作成し、対応するクレデンシャルを取得する必要があります。

GitHub による認証を設定するには、2 種類の方法があります。

  • 3scale GitHub アプリケーションを使用する (ホスト型 3scale アカウントではデフォルトで有効)
  • 専用の GitHub アプリケーションを使用する (オンプレミス型のインストール環境用)

このデフォルト設定に変更を加える場合、3scale 管理ポータルで Audience > Developer Portal > SSO Integrations の順に移動すると、以下のような画面が表示されます。

SSO integrations

GitHub をクリックして設定画面にアクセスします。

Edit SSO integrations

この画面では、以下の操作を行うことができます。

  1. デベロッパーポータルでの GitHub 認証を利用可能にしたり利用不可にしたりする。その操作は、「Published」チェックボックスを選択または選択を解除するだけです。
  2. 3scale ブランドの GitHub アプリケーションを選択する、または専用の GitHub アプリケーションを追加する。3scale GitHub アプリケーションはデフォルトで有効です (公開されています)。Edit をクリックし、GitHub で作成した OAuth アプリケーションの詳細 (「Client」と「Client secret」) を入力することで、専用の GitHub アプリケーションを設定できます。専用の GitHub アプリケーションでインテグレーションを適切に機能させるためには、「custom branded」オプションを切り替えた後に表示される「Callback URL」を使用して GitHub アプリケーションの承認コールバック URL を設定しなければならないことに留意してください (例: https://yourdomain.3scale.net/auth/github/callback)。
  3. 設定した認証フローが想定どおりに機能することをテストする。