Menu Close

12.2. 要素の変更または非表示

要素を特定したので、表示設定を変更することができます。要素のタイプに応じて、CSS 操作または jQuery スクリプトという 2 つの手法からどちらかを選択できます。CSS 操作の方が軽量で信頼性に優れますが、多くのページに存在するある種の要素に対しては適切に機能しません (たとえば、管理ポータルの Dashboard にあるサイドバーの 3 番目の要素は、Account セクションにも存在するが、値が違う)。一部のテクニカルな実装には、古いブラウザーではサポートされない CSS3 の使用が必要です。次の 2 つの手順で、これらの両アプローチを説明します。