Menu Close

4.3.3. サブスクリプションの設定

次は、カスタムのサービスサインアップの主要部分です。サインアップリンクを作成するため、サインアップ URL とサービス ID を抽出します。URL のオブジェクトからサインアップ URL を、ループで繰り返すサービスオブジェクトからサービス ID を、それぞれ取得します。最終的なリンクコードは以下のようになります。

<a href="{{ urls.signup }}?{{ service | toparam }}">Signup to {{ service.name }}</a>

いくつかのサービスについて、ユーザーがすでにサインアップ済みであることも考慮する必要があります。確認するための条件ブロックを作成します。

{% unless service.subscribed? %}
  <a href="{{ urls.signup }}?{{ service | toparam }}">Signup to {{ service.name }}</a>
{% endunless %}

これを使用して、最終的なコードを生成できます。

{% for service in provider.services %}
  <div class="service-column">
      <p>{{ service.name }}</p>
      <p>{{ service.description }}</p>
      {% unless service.subscribed? %}
        <a href="{{ urls.signup }}?{{ service | to_param }}">Signup to {{ service.name }}</a>
      {% endunless %}
  </div>
{% endfor %}