Menu Close

12.3.3. 3scale と Red Hat Single Sign-On の設定

Red Hat Single Sign-On (RH-SSO) でクライアントを作成して設定したら、RH-SSO と連携するように 3scale を設定する必要があります。

前提条件

手順

  1. OpenID Connect を有効にします。

    1. OpenID Connect による認証を有効にするサービスを選択し、[your_product_name] > Integration > Settings の順に移動します。
    2. Authentication オプションのセクションで、OpenID Connect Use OpenID Connect for any OAuth 2.0 flow. を選択します。
  2. APIcast の設定を編集します。OpenID Connect のオプションを選択すると、新しいセクション OpenID Connect (OIDC) Basics が表示されます。

    1. OpenID Connect Issuer Type で適切なタイプを選択します。
    2. 以下の URL テンプレートに示すように、前項の手順で書き留めたクライアントのクレデンシャルおよび RH-SSO サーバーの URL (ホスト: <rhsso_host>、ポート: <rhsso_port>) を OpenID Connect Issuer フィールドに入力して指定します。

        https://<client_id>:<client_secret>@<rhsso_host>:<rhsso_port>/auth/realms/<realm_name>
    3. 設定を保存するには、Update Product をクリックします。