Menu Close

1.4. OpenTracing を使用する APIcast の設定

OpenTracing は API の仕様で、マイクロサービスのプロファイリングおよびモニタリングに使用されるメソッドです。バージョン 3.3 以降の APIcast には、OpenTracing ライブラリーおよび Jaeger Tracer ライブラリー が含まれています。

前提条件

  • それぞれの外部リクエストに、固有のリクエスト ID がアタッチされている。通常、これには HTTP ヘッダーが使用されます。
  • それぞれのサービスがリクエスト ID を他のサービスに転送する。
  • それぞれのサービスがリクエスト ID をログに出力する。
  • それぞれのサービスがリクエストの開始/終了時刻等の補足情報を記録する。
  • ログが集約され、HTTP リクエスト ID を使用して解析する手段を提供する。

手順

  1. OPENTRACING_TRACER 環境変数が jaeger に設定されるようにします。この変数が空欄の場合には、OpenTracing は無効になります。
  2. OPENTRACING_CONFIG 環境変数を設定して、使用するトレーサーのデフォルト設定ファイルを指定します。例として、以下の jaeger.example.json ファイルを参照してください。
  3. (オプション) 実際の OpenTracing 設定に応じて、OPENTRACING_HEADER_FORWARD 環境変数を設定します。

検証

インテグレーションが適切に機能しているかどうかをテストするには、トレースが Jaeger トレースインターフェースで報告されるかどうかを確認します。