第33章 アプリケーションに対する 3scale の組み込みトラフィック解析の表示

サポートおよび拡張を保証する操作が必要なアカウントを特定するには、アプリケーションのトラフィックに関するビジュアル情報を表示します。API を使用する各アプリケーションには、3scale システムのトラフィックトレースがあり、管理ポータルから表示できるだけでなく、API によって復元することもできます。

前提条件

  • 3scale の開発者アカウント
  • 3scale アプリケーションおび API クレデンシャル

手順

  1. 解析を表示するアプリケーションに移動します。

    Audience > Accounts > Listing または Audience > Applications > Listing の順に移動し、Applications タブでアプリケーションを特定することができます。あるいは、「アプリケーションの特定」に記載のチュートリアルの手順に従って、アプリケーションを検索することができます。

  2. アプリケーションを特定すると、以下の図に示すようなアプリケーションに関する情報が含まれる概要ページが表示されます。

    Application display

    表33.1 図でラベルを付けた項目が、それぞれ以下の情報に対応しています。

    番号アプリケーション情報

    1

    開発者が指定したアプリケーションの名前

    2

    アプリケーション用に取得されたメタデータ (取得するデータの設定方法については、アドバンストセクションで説明します)

    3

    アプリケーションのステータス (Live または Suspended)

    4

    アプリケーションの現在有効な API 識別子、キー、および証明書。このビューは、API を 3scale に統合する際に使用する認証方法により異なります。

    5

    アプリケーションのトラフィックに関する統計の要約

    6

    アプリケーションに適用されるアプリケーションプランおよび適用される流量制御に関する情報

  3. アプリケーション名の上にある Analytics のリンクをクリックします。アプリケーションの使用状況に関するチャートが表示されます。メトリクス、メソッド、および時間範囲を変更すると、アプリケーションに関するさまざまなタイプのデータを確認することができます。