第16章 アプリケーションの一時中断

本章では、アプリケーションのキーおよびアクセストークンをすべて無効にする方法について説明します。

アプリケーションがご自分の API を誤用し、他のトラフィックに影響を及ぼしている場合には、担当する開発者に連絡してコードまたは設定の修正を依頼する前に、直ちにその運用を一時中断しなければならない場合があります。

16.1. アプリケーションの特定

Accounts もしくは Applications タブから、または ここ で説明するように検索を行い、アプリケーションを特定することができます。

16.2. アプリケーションの無効化

アプリケーションを特定してアプリケーションの概要ページを表示したら、「State」の値の横にある Suspend アイコンをクリックします。この操作により、アプリケーションが直ちに API から無効になり、すべてのキーの動作が一時中断されます。これらのアプリケーションキーを使用した呼び出しは、制御システムによって拒否されます。

問題のある挙動が修正されたら、同じボタンを使用してアプリケーションの一時中断を解除することができます。

Suspend an Application
注記

エージェントでキャッシュを使用している場合には、直ちに一時中断されず若干時間を要する場合があります。

16.3. 開発者への連絡

アプリケーションの開発者への連絡方法は、ワークフローおよびポリシーによって異なります。同じページでアカウント名をクリックすると、アカウントビューが表示され、アプリケーションを所有するアカウントのメイン管理者を特定することができます。電子メールにより、または以下の図に示す Send message ボタンをクリックしてユーザー用のダッシュボードメッセージを生成して、管理者に連絡を取ります。

Contact Developer