パート V. サービスディスカバリー: OpenShift から 3scale へ

サービスディスカバリーは、OpenShift クラスターからサービスをインポートするのに役立つ 3scale 機能です。OpenShift サービスのプライベートエンドポイントは、API バックエンドおよびこの API バックエンドをバンドルする新しい API プロダクトになります。さらに、OpenAPI Specification (OAS) に基づくサービスの仕様は、API プロダクトの ActiveDoc としてインポートされます。