第10章 開発者への連絡

本章では、特定のアプリケーションを管理する開発者アカウントを把握して、3scale 機能および外部の手段を使用して開発者と連絡を取る方法について説明します。

API の運用中に、API を使用している開発者に緊急に連絡を取らなければならない場合があります。

10.1. システム内の該当アプリケーションおよびアカウントの把握

問題のアプリケーションを管理しているアカウントおよび開発者がすでに分かっている場合には、以下に示すように Accounts のページ (Audience > Accounts > Listing) からそのアカウントに移動します。

Accounts View

アプリケーション ID または API キーしか分からない場合には、Accounts のページ (Audience > Accounts > Listing) の検索ボックスを使用して、該当するアカウントを特定することができます。アプリケーションの特定に関する詳細は、ここ を参照してください。

10.2. 開発者への内部メッセージの送信

以下に示すように、アカウントプロファイルのページに移動したら、メッセージアイコンをクリックします。

Send message

ここで作成されるメッセージは、そのアカウントのすべての開発者がメッセージを確認できるアカウントシステムダッシュボードに送信されると共に、そのアカウントで管理者ステータスを持つ開発者アカウントのユーザーに電子メールで送信されます。

10.3. 他の手段による連絡

緊急事態が発生し電子メールの対応では間に合わないと考えられる場合には、サインアップ時に開発者が入力した連絡先情報を使用することもできます。この情報は、以下の場所に表示されます。

  • 企業アカウントページ (一般的な連絡先情報が主ですが、電話番号が含まれる場合があります)
  • ユーザー独自ファイルの開発者/ユーザー固有情報

サインアップ時に、連絡先電話番号を必須フィールドにできる点に注意してください。