第8章 メールテンプレート

本章では、カスタムメールテンプレートを編集して保存する方法について説明します。

開発者とのあらゆる標準メール通信のコンテンツを完全にカスタマイズすることができるので、デベロッパーポータルに設定してあるワークフローに厳密にマッチさせることが可能です。

8.1. メールテンプレートのカスタマイズ

8.1.1. メール設定の前に行うワークフローの定義

メールテンプレートオプションは多数ありますが、一部のテンプレートだけがご自分のワークフローに関連します。メールテンプレートの編集を始める前に、時間節約のため、ワークフローに問題がないことを確認します。こうすることで、実際に使用するテンプレートだけを編集することができます。

8.1.2. ワークフローのテストおよび有効なメールテンプレートを識別

最終的なワークフローのドライランを実行し、考え得る状況 (承認や拒否など) をすべて確実にテストします。次に、テスト用の開発者アカウントが受信する各メール通知を識別し、次のステップで何を編集すべきかを判断します。

8.1.3. カスタムテンプレートの編集および保存

テンプレートを初めて編集する場合、実際にカスタムテンプレートを「作成」することになります。その後の編集で、変更を保存します。警告: バージョン管理はありません。変更を元に戻せるようにしたい場合は、ローカルコピーを作成することを推奨します。

電子メールの動的コンテンツに Liquid タグを使用できます。Liquid タグに変更を加える場合は特に、バックアップを作成することを推奨します。

Developer portal email template edit

8.1.4. ワークフロー内の全テンプレートについての反復

ワークフローで考え得るすべての状況をカバーするまで、同じ手順を実施します。

8.2. 補足情報