第2章 Web コンソールの Developer パースペクティブ

OpenShift Dedicated Web コンソールは、Administrator パースペクティブと Developer パースペクティブという 2 つのパースペクティブを提供します。

Developer パースペクティブは、以下を実行する機能を含む、開発者のユースケースに固有のワークフローを提供します。

  • 既存のコードベース、イメージ、および Dockerfile をインポートして、OpenShift Dedicated でアプリケーションを作成し、デプロイします。
  • アプリケーション、コンポーネント、およびプロジェクト内のこれらに関連付けられたサービスと視覚的に対話し、それらのデプロイとビルドの状態をモニターします。
  • アプリケーション内のコンポーネントを分類し、コンポーネントの接続をアプリケーション内で、また複数のアプリケーションにまたがって実行します。
  • Serverless 機能 (テクノロジープレビュー) を統合します。
  • Eclipse Che を使用してアプリケーションコードを編集するためのワークスペースを作成します。

前提条件

Developer パースペクティブにアクセスするために、Web コンソールにログインしていること。

2.1. Developer パースペクティブへのアクセス

OpenShift Dedicated Web コンソールの Developer パースペクティブは、開発者のユースケースに固有のワークフローを提供します。

以下のように、Web コンソールから Developer パースペクティブにアクセスできます。

手順

  1. ログイン認証情報を使用して OpenShift Dedicated Web コンソールにログインします。OpenShift Dedicated Web コンソールのデフォルトビューは Administrator パースペクティブです。
  2. パースペクティブスイッチャーを使用して、Developer パースペクティブに切り替えます。Topology ビューがアプリケーションを作成するオプションと共に表示されます。

    Developer パースペクティブ