1.3. OCM を使用したクラスターの手動によるアップグレード

OpenShift Cluster Manager (OCM) を使用して、OpenShift Dedicated クラスターを手動でアップグレードできます。

手順

  1. OCM で、クラスターリストからクラスターを選択します。
  2. Upgrade settings タブをクリックして、アップグレード Operator にアクセスします。Details の見出しの下にあるクラスターバージョンの横の Update をクリックして、Overview タブからクラスターを更新することもできます。
  3. Update Status ボックスの Update をクリックします。
  4. クラスターをアップグレードするバージョンを選択します。推奨されるクラスターのアップグレードは、UI に表示されます。利用可能な各アップグレードバージョンの詳細については、View release notes をクリックしてください。
  5. Next をクリックします。
  6. アップグレードをスケジュールするには、以下を実行します。

    • 今から 1 時間以内にアップグレードするには、Upgrade now をクリックします。
    • Schedule a different time をクリックし、クラスターをアップグレードする日時を指定します。
  7. Next をクリックします。
  8. アップグレードポリシーを確認し、Confirm upgrade をクリックします。
  9. クラスターのアップグレードがスケジュールされると、コンファメーションが表示されます。Close をクリックします。
  10. オプション: ドロップダウンリストから指定された時間を選択して、ノードドレイン の猶予期間を設定します。デフォルトで 1 時間 の猶予期間が設定されています。

UI は、クラスターバージョンの横にある Overview タブで、アップグレードがスケジュールされていることを示します。View details をクリックして、アップグレードの詳細を表示します。スケジュールされたアップグレードをキャンセルする必要がある場合は、View Details ポップアップから Cancel this upgrade をクリックします。

同じアップグレードの詳細は、Upgrade status ボックスの下の Upgrade settings タブで確認できます。スケジュールされたアップグレードをキャンセルする必要がある場合は、Upgrade status ボックスで Cancel this upgrade をクリックします。

警告

OpenShift Dedicated で CVE またはその他の重大な問題が見つかった場合、すべてのクラスターは、修正がリリースされてから 48 時間以内にアップグレードされます。修正が利用可能になると通知され、48 時間の期間が終了する前に、クラスターが最新の優先開始時間に自動的にアップグレードされることが通知されます。自動アップグレードが開始される前であれば、いつでも手動でアップグレードできます。