1.5. Red Hat OpenShift Serverless 1.25.0 のリリースノート

OpenShift Serverless 1.25.0 が公開されました。以下では、OpenShift Dedicated の OpenShift Serverless に関連する新機能、変更点および既知の問題について説明します。

1.5.1. 新機能

  • OpenShift Serverless は Knative Serving 1.4 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative Eventing 1.4 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Kourier 1.4 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative (kn) CLI 1.4 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative Kafka 1.4 を使用するようになりました。
  • kn func CLI プラグインは func 1.7.0 を使用するようになりました。
  • 関数を作成およびデプロイするための統合開発環境 (IDE) プラグインが、Visual Studio Code および IntelliJ で利用できるようになりました。
  • Knative Kafka ブローカーが一般提供されるようになりました。Knative Kafka ブローカーは、Apache Kafka を直接ターゲットとする、Knative ブローカー API の高性能な実装です。

    MT-Channel-Broker ではなく、Knative Kafka ブローカーを使用することをお勧めします。

  • Knative Kafka シンクが一般提供されるようになりました。KafkaSinkCloudEvent を取得し、Apache Kafka トピックに送信します。イベントは、構造化コンテンツモードまたはバイナリーコンテンツモードのいずれかで指定できます。
  • 内部トラフィックの TLS の有効化がテクノロジープレビューとして利用可能になりました。