1.10. Red Hat OpenShift Serverless 1.20.0 のリリースノート

OpenShift Serverless 1.20.0 が利用可能になりました。以下では、OpenShift Dedicated の OpenShift Serverless に関連する新機能、変更点および既知の問題について説明します。

1.10.1. 新機能

  • OpenShift Serverless は Knative Serving 0.26 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative Eventing 0.26 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Kourier 0.26 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は、Knative (kn) CLI 0.26 を使用するようになりました。
  • OpenShift Serverless は Knative Kafka 0.26 を使用するようになりました。
  • kn func CLI プラグインが func 0.20 を使用するようになりました。
  • Kafka ブローカーがテクノロジープレビュー機能として利用可能になりました。

    重要

    現在テクノロジープレビューにある Kafka ブローカーは、FIPS ではサポートされていません。

  • kn event プラグインがテクノロジープレビューとして利用できるようになりました。
  • knservicecreate コマンドの --min-scale フラグと --max-scale フラグは廃止されました。代わりに、-scale-min フラグと --scale-max フラグを使用してください。