6.4.4. mTLS で Service Mesh を使用する場合の Knative Serving メトリクスの有効化

サービスメッシュが mTLS で有効にされている場合、サービスメッシュが Prometheus のメトリクスの収集を阻止するため、Knative Serving のメトリクスはデフォルトで無効にされます。このセクションでは、Service Mesh および mTLS を使用する際に Knative Serving メトリクスを有効にする方法を説明します。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Serving がクラスターにインストールされている。
  • mTLS 機能を有効にして Red Hat OpenShift Service Mesh をインストールしています。
  • クラスターまたは Dedicated 管理者アクセス権限が割り当てられた OpenShift Dedicated アカウントにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) をインストールしている。
  • OpenShift Dedicated でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションが割り当てられたプロジェクトにアクセスできる。

手順

  1. prometheus を Knative Serving カスタムリソース (CR) の observability 仕様で metrics.backend-destination として指定します。

    apiVersion: operator.knative.dev/v1beta1
    kind: KnativeServing
    metadata:
      name: knative-serving
    spec:
      config:
        observability:
          metrics.backend-destination: "prometheus"
    ...

    この手順により、メトリクスがデフォルトで無効になることを防ぎます。

  2. 以下のネットワークポリシーを適用して、Prometheus namespace からのトラフィックを許可します。

    apiVersion: networking.k8s.io/v1
    kind: NetworkPolicy
    metadata:
      name: allow-from-openshift-monitoring-ns
      namespace: knative-serving
    spec:
      ingress:
      - from:
        - namespaceSelector:
            matchLabels:
              name: "openshift-monitoring"
      podSelector: {}
    ...
  3. istio-system namespace のデフォルトのサービスメッシュコントロールプレーンを変更して再適用し、以下の仕様が含まれるようにします。

    ...
    spec:
      proxy:
        networking:
          trafficControl:
            inbound:
              excludedPorts:
              - 8444
    ...