4.3.4.2. Knative CLI を使用したカスタムドメインマッピングの管理

DomainMapping カスタムリソース (CR) の作成後に、既存の CR の一覧表示、既存の CR の情報の表示、CR の更新、または Knative (kn) CLI を使用した CR の削除を実行できます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Serving がクラスターにインストールされている。
  • 1 つ以上の DomainMapping CR を作成している。
  • Knative (kn) CLI をインストールしている。
  • OpenShift Dedicated でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションが割り当てられたプロジェクトにアクセスできる。

手順

  • 既存の DomainMapping CR を一覧表示します。

    $ kn domain list -n <domain_mapping_namespace>
  • 既存の DomainMapping CR の詳細を表示します。

    $ kn domain describe <domain_mapping_name>
  • 新規ターゲットを参照するように DomainMapping CR を更新します。

    $ kn domain update --ref <target>
  • DomainMapping CR を削除します。

    $ kn domain delete <domain_mapping_name>