5.7.2. Developer パースペクティブ内での利用可能なイベントソースタイプの表示

クラスターで使用可能なすべてのイベントソースタイプを一覧表示することができます。OpenShift Dedicated Web コンソールを使用すると、使用可能なイベントソースタイプを表示するための合理的で直感的なユーザーインターフェイスが提供されます。

前提条件

  • OpenShift Dedicated Web コンソールにログインしている。
  • OpenShift Serverless Operator および Knative Eventing が OpenShift Dedicated クラスターにインストールされている。
  • OpenShift Dedicated でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションが割り当てられたプロジェクトにアクセスできる。

手順

  1. Developer パースペクティブにアクセスします。
  2. +Add をクリックします。
  3. Event source をクリックします。
  4. 利用可能なイベントソースタイプを表示します。