5.15.5. Kafka シンクコ

Kafka シンクは、クラスター管理者がクラスターで Kafka を有効にした場合に使用できるイベントシンクの一種です。Kafka シンクを使用して、イベントソースから Kafka トピックにイベントを直接送信できます。

5.15.5.1. Kafka シンクの使用

Kafka トピックにイベントを送信する Kafka シンクと呼ばれるイベントシンクを作成できます。YAML ファイルを使用して Knative リソースを作成する場合、宣言的 API を使用するため、再現性の高い方法でアプリケーションを宣言的に記述することができます。YAML を使用して Kafka シンクを作成するには、KafkaSink オブジェクトを定義する YAML ファイルを作成してから、ocapply コマンドを使用してそれを適用する必要があります。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator、Knative Serving、および KnativeKafka カスタムリソース (CR) がクラスターにインストールされている。
  • OpenShift Dedicated でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションが割り当てられたプロジェクトにアクセスできる。
  • インポートする Kafka メッセージを生成する Red Hat AMQ Streams (Kafka) クラスターにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) をインストールしている。

手順

  1. KafkaSink オブジェクト定義を YAML ファイルとして作成します。

    Kafka シンク YAML

    apiVersion: eventing.knative.dev/v1alpha1
    kind: KafkaSink
    metadata:
      name: <sink-name>
      namespace: <namespace>
    spec:
      topic: <topic-name>
      bootstrapServers:
       - <bootstrap-server>

  2. Kafka シンクを作成するには、KafkaSink YAML ファイルを適用します。

    $ oc apply -f <filename>
  3. シンクが仕様で指定されるようにイベントソースを設定します。

    API サーバーソースに接続された Kafka シンクの例

    apiVersion: sources.knative.dev/v1alpha2
    kind: ApiServerSource
    metadata:
      name: <source-name> 1
      namespace: <namespace> 2
    spec:
      serviceAccountName: <service-account-name> 3
      mode: Resource
      resources:
      - apiVersion: v1
        kind: Event
      sink:
        ref:
          apiVersion: eventing.knative.dev/v1alpha1
          kind: KafkaSink
          name: <sink-name> 4

    1
    イベントソースの名前。
    2
    イベントソースの namespace。
    3
    イベントソースのサービスアカウント。
    4
    Kafka シンクの名前。