3.2.2. YAML を使用した Knative Serving のインストール

OpenShift Serverless Operator をインストールした後、デフォルトの設定で Knative Serving をインストールするか、KnativeServing カスタムリソース (CR) でより高度な設定を行うことが可能です。YAML ファイルとoc CLI を利用して、以下の手順で Knative Serving をインストールすることができます。

前提条件

  • クラスター管理者または Dedicated 管理者アクセス権限が割り当てられた OpenShift Dedicated アカウントにアクセスできる。
  • OpenShift Serverless Operator がインストールされている。
  • OpenShift CLI (oc) をインストールしている。

手順

  1. serving.yaml という名前のファイルを作成し、以下の YAML サンプルをこれにコピーします。

    apiVersion: operator.knative.dev/v1alpha1
    kind: KnativeServing
    metadata:
        name: knative-serving
        namespace: knative-serving
  2. serving.yaml ファイルを適用します。

    $ oc apply -f serving.yaml

検証

  1. インストールが完了したことを確認するには、以下のコマンドを実行します。

    $ oc get knativeserving.operator.knative.dev/knative-serving -n knative-serving --template='{{range .status.conditions}}{{printf "%s=%s\n" .type .status}}{{end}}'

    出力例

    DependenciesInstalled=True
    DeploymentsAvailable=True
    InstallSucceeded=True
    Ready=True

    注記

    Knative Serving リソースが作成されるまでに数分の時間がかかる場合があります。

    条件のステータスが Unknown または False である場合は、しばらく待ってから、リソースが作成されたことを再度確認します。

  2. Knative Serving リソースが作成されていることを確認します。

    $ oc get pods -n knative-serving

    出力例

    NAME                                                        READY   STATUS      RESTARTS   AGE
    activator-67ddf8c9d7-p7rm5                                  2/2     Running     0          4m
    activator-67ddf8c9d7-q84fz                                  2/2     Running     0          4m
    autoscaler-5d87bc6dbf-6nqc6                                 2/2     Running     0          3m59s
    autoscaler-5d87bc6dbf-h64rl                                 2/2     Running     0          3m59s
    autoscaler-hpa-77f85f5cc4-lrts7                             2/2     Running     0          3m57s
    autoscaler-hpa-77f85f5cc4-zx7hl                             2/2     Running     0          3m56s
    controller-5cfc7cb8db-nlccl                                 2/2     Running     0          3m50s
    controller-5cfc7cb8db-rmv7r                                 2/2     Running     0          3m18s
    domain-mapping-86d84bb6b4-r746m                             2/2     Running     0          3m58s
    domain-mapping-86d84bb6b4-v7nh8                             2/2     Running     0          3m58s
    domainmapping-webhook-769d679d45-bkcnj                      2/2     Running     0          3m58s
    domainmapping-webhook-769d679d45-fff68                      2/2     Running     0          3m58s
    storage-version-migration-serving-serving-0.26.0--1-6qlkb   0/1     Completed   0          3m56s
    webhook-5fb774f8d8-6bqrt                                    2/2     Running     0          3m57s
    webhook-5fb774f8d8-b8lt5                                    2/2     Running     0          3m57s

  3. 必要なネットワークコンポーネントが、自動的に作成された knative-serving-ingress namespace にインストールされていることを確認します。

    $ oc get pods -n knative-serving-ingress

    出力例

    NAME                                      READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    net-kourier-controller-7d4b6c5d95-62mkf   1/1     Running   0          76s
    net-kourier-controller-7d4b6c5d95-qmgm2   1/1     Running   0          76s
    3scale-kourier-gateway-6688b49568-987qz   1/1     Running   0          75s
    3scale-kourier-gateway-6688b49568-b5tnp   1/1     Running   0          75s