11.7.2. func.yaml フィールドからのローカル環境変数の参照

API キーなどの機密情報を関数設定に保存したくない場合は、ローカル環境で使用可能な環境変数への参照を追加できます。これを行うには、func.yaml ファイルの envs フィールドを変更します。

前提条件

  • 関数プロジェクトを作成する必要があります。
  • ローカル環境には、参照する変数が含まれている必要があります。

手順

  • ローカル環境変数を参照するには、以下の構文を使用します。

    {{ env:ENV_VAR }}

    ENV_VAR を、使用するローカル環境の変数の名前に置き換えます。

    たとえば、ローカル環境で API_KEY 変数が利用可能な場合があります。その値を MY_API_KEY 変数に割り当てることができます。これにより、関数内で直接使用できます。

    関数の例

    name: test
    namespace: ""
    runtime: go
    ...
    envs:
    - name: MY_API_KEY
      value: '{{ env:API_KEY }}'
    ...