5.5. イベントシンク

イベントソースの作成時に、イベントがソースから送信されるシンクを指定できます。シンクは、他のリソースから受信イベントを受信できる、アドレス指定可能または呼び出し可能なリソースです。Knative サービス、チャネル、およびブローカーはすべてシンクのサンプルです。

アドレス指定可能なオブジェクトは、HTTP 経由で status.address.url フィールドに定義されるアドレスに配信されるイベントを受信し、確認することができます。特別な場合として、コア Kubernetes Service オブジェクトはアドレス指定可能なインターフェイスにも対応します。

呼び出し可能なオブジェクトは、HTTP 経由で配信されるイベントを受信し、そのイベントを変換できます。HTTP 応答で 0 または 1 の新規イベントを返します。返されるイベントは、外部イベントソースからのイベントが処理されるのと同じ方法で処理できます。

5.5.1. Kafka イベントシンクの作成

開発者は、イベントシンクを作成して、特定のソースからイベントを受信し、それらを Kafka トピックに送信できます。

前提条件

  • Operator Hub から、Knative Serving、Knative Eventing、および Knative Kafka API を含む Red Hat OpenShift Serverless Operator をインストールしました。
  • Kafka 環境で Kafka トピックを作成しました。

手順

  1. Developer パースペクティブで、+Add ビューに移動します。
  2. Eventing カタログEvent Sink をクリックします。
  3. カタログ項目で KafkaSink を検索してクリックします。
  4. イベントシンクの作成 をクリックします。
  5. フォームビューで、ホスト名とポートの組み合わせであるブートストラップサーバーの URL を入力します。

    create event sink
  6. イベントデータを送信するトピックの名前を入力します。
  7. イベントシンクの名前を入力します。
  8. Create をクリックします。

検証

  1. Developer パースペクティブで、Topology ビューに移動します。
  2. 作成したイベントシンクをクリックして、右側のパネルに詳細を表示します。