6.3.7. Administrator パースペクティブを使用したサブスクリプションの作成

チャネルとイベントシンク (subscriber とも呼ばれます) を作成したら、サブスクリプションを作成してイベント配信を有効にすることができます。サブスクリプションは、イベントを配信するチャネルとサブスクライバーを指定する Subscription オブジェクトを設定することによって作成されます。障害の処理方法など、サブスクライバー固有のオプションを指定することもできます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Eventing が OpenShift Dedicated クラスターにインストールされている。
  • Web コンソールにログインしており、Administrator パースペクティブを使用している。
  • OpenShift Dedicated でのクラスターまたは Dedicated 管理者パーミッションがある。
  • ネイティブチャンネルを作成しました。
  • サブスクライバーとして使用する Knative サービスを作成している。

手順

  1. OpenShift Dedicated Web コンソールの Administrator パースペクティブで、ServerlessEventing に移動します。
  2. Channel タブで、サブスクリプションを追加するチャネルの Options メニュー kebab を選択します。
  3. 一覧で Add Subscription をクリックします。
  4. Add Subscription のダイアログボックスで、サブスクリプションの Subscriber を選択します。サブスクライバーは、チャネルからイベントを受信する Knative サービスです。
  5. Add をクリックします。