6.3.3. Administrator パースペクティブを使用したイベントソースの作成

Knative イベントソース には、クラウドイベントの生成またはインポート、これらのイベントの別のエンドポイントへのリレー (sink とも呼ばれる) を行う Kubernetes オブジェクトを指定できます。イベントに対応する分散システムを開発するには、イベントのソースが重要になります。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Eventing が OpenShift Dedicated クラスターにインストールされている。
  • Web コンソールにログインしており、Administrator パースペクティブを使用している。
  • OpenShift Dedicated でのクラスターまたは Dedicated 管理者パーミッションがある。

手順

  1. OpenShift Dedicated Web コンソールの Administrator パースペクティブで、ServerlessEventing に移動します。
  2. Create 一覧で、Event Source を選択します。Event Sources ページに移動します。
  3. 作成するイベントソースタイプを選択します。