5.11. チャネルの作成

チャネルは、単一のイベント転送および永続レイヤーを定義するカスタムリソースです。イベントがイベントソースまたは生成側からチャネルに送信された後に、これらのイベントはサブスクリプションを使用して複数の Knative サービスまたは他のシンクに送信できます。

Channel workflow overview

サポートされている Channel オブジェクトをインスタンス化することでチャネルを作成し、Subscription オブジェクトの delivery 仕様を変更して再配信の試行を設定できます。

5.11.1. Web コンソールを使用したチャネルの作成

OpenShift Dedicated Web コンソールを使用すると、チャネルを作成するための合理的で直感的なユーザーインターフェイスが提供されます。Knative Eventing がクラスターにインストールされると、Web コンソールを使用してチャネルを作成できます。

前提条件

  • OpenShift Dedicated Web コンソールにログインしている。
  • OpenShift Serverless Operator および Knative Eventing が OpenShift Dedicated クラスターにインストールされている。
  • OpenShift Dedicated でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションが割り当てられたプロジェクトにアクセスできる。

手順

  1. Developer パースペクティブで、+AddChannel に移動します。
  2. タイプ リストで、作成する Channel オブジェクトのタイプを選択します。
  3. Create をクリックします。

検証

  • Topology ページに移動して、チャネルが存在することを確認します。

    View the channel in the Topology view