5.14.2. Knative CLI を使用したトリガーの作成

トリガーを作成するために Knative (kn) CLI を使用すると、YAML ファイルを直接修正するよりも合理的で直感的なユーザーインターフェイスが得られます。kn trigger create コマンドを使用して、トリガーを作成できます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Eventing が OpenShift Dedicated クラスターにインストールされている。
  • Knative (kn) CLI をインストールしている。
  • OpenShift Dedicated でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションが割り当てられたプロジェクトにアクセスできる。

手順

  • トリガーを作成します。

    $ kn trigger create <trigger_name> --broker <broker_name> --filter <key=value> --sink <sink_name>

    または、トリガーを作成し、ブローカー挿入を使用して default ブローカーを同時に作成できます。

    $ kn trigger create <trigger_name> --inject-broker --filter <key=value> --sink <sink_name>

    デフォルトで、トリガーはブローカーに送信されたすべてのイベントを、そのブローカーにサブスクライブされるシンクに転送します。トリガーの --filter 属性を使用すると、ブローカーからイベントをフィルターできるため、サブスクライバーは定義された基準に基づくイベントのサブセットのみを受け取ることができます。