5.15.4. YAML を使用した Kafka チャネルの作成

YAML ファイルを使用して Knative リソースを作成する場合、宣言的 API を使用するため、再現性の高い方法でチャネルを宣言的に記述することができます。Kafka チャネルを作成することで、Kafka トピックに裏打ちされた Knative Eventing チャネルを作成できます。YAML を使用して Kafka チャネルを作成するには、KafkaChannel オブジェクトを定義する YAML ファイルを作成し、oc apply コマンドを使用してそれを適用する必要があります。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator、Knative Eventing、および KnativeKafka カスタムリソースは OpenShift Dedicated クラスターにインストールされます。
  • OpenShift CLI (oc) をインストールしている。
  • OpenShift Dedicated でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションが割り当てられたプロジェクトにアクセスできる。

手順

  1. KafkaChannel オブジェクトを YAML ファイルとして作成します。

    apiVersion: messaging.knative.dev/v1beta1
    kind: KafkaChannel
    metadata:
      name: example-channel
      namespace: default
    spec:
      numPartitions: 3
      replicationFactor: 1
    重要

    OpenShift Serverless 上の KafkaChannel オブジェクトの API の v1beta1 バージョンのみがサポートされます。非推奨となった v1alpha1 バージョンの API は使用しないでください。

  2. KafkaChannel YAML ファイルを適用します。

    $ oc apply -f <filename>